喪中はがきはいつまでに注文すれば間に合うの?送る時期について

喪中はがき 出す時期

喪中はがきっていつまでに注文すればいいの?

親戚が今年亡くなった場合、年賀状は出さないというのが日本のマナーですよね。

ところで、喪中はがきって、いつまでに注文し、いつ頃出せばいいのかご存知ですか?

ここでは一般的なマナーについて紹介したいと思います。

喪中はがきを送る時期は11月~12月初め

喪中はがきはいつ出せばいい、という明確な決まりはないのですが、

多くの方は11月に入ってから出す人が多いです。

それまでにすでに親戚が無くなっている場合は、準備も早めに取り掛かれるかと思います。

そして、遅くても12月初めまでには出すようにしてください。

なぜかと言うと、12月頃には早い人は年賀状をすでに準備している可能性があるので、

その場合自分宛ての年賀状を無駄にさせてしまうからです。

12月になってから人が亡くなった場合は仕方がありませんが、

喪中だと分かっている場合はできる限り11月中には投函するようにしましょう。

喪中はがきはいつ頃注文作成すればよい?

投函するのは11月に入ってからが良い、ということが分かりましたが、

では、注文はいつ頃がいいのか?というと、

早ければ早い方が安く済みます!

喪中はがきも年賀状も同じく、どこの通販サイトも「早割」というものがあり、

この早割がかなり激安なのはご存知でしょうか?

9月、10月中に注文すると基本料金が50%以上安くなることも多く、

11月に入ってから注文するより圧倒的に安く頼むことができます。

喪中が決まっている場合はできる限り早く注文することをおすすめします。

喪中はがきは普通にポスト投函してOK?

喪中はがきは普通のハガキではないので、郵便局の窓口に持って行かないといけないのかな?

と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

普通にポストに投函すれば配送してもらえるので、通常の手紙やはがきと同じようにポストに投函しましょう。

年賀状と違って、投函されるとすぐに相手宅に配送されるので、あまり早く投函しすぎるのはNGです。

11月に入ってからポストに入れましょう。

喪中はがきには切手を貼る?

喪中はがきは普通に官製はがきを使用して作成するので、

わざわざ切手を貼る必要はありません。

ネットで注文するとそのあたりのことは全部お任せできるので、喪中はがきの注文は通販ショップで依頼するのがおすすめです。

下の記事では、格安で注文できる喪中はがきショップを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

>>喪中はがき格安注文ショップを比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする